暗号通貨(仮想通貨)時代までのお金の歴史

お金の歴史は紀元前までさかのぼります。

大まかに説明しますと貝殻に始り・金貨・紙幣・クジットカードへと変化してきました。

当初は交換紙幣だったのですが、やがて不交換紙幣へと変わって行きました。

 

 

更に今後は暗号通貨(仮想通貨)へと変わって行きます。

暗号通貨(仮想通貨)は、Bitcoinが2009年に誕生し今日に至りますが、これはもう時代の流れですので、暗号通貨化を止める事はほぼ困難だと思われます。

その証拠にBitcoinで決済できる企業はApple・Microsoft・楽天等1000社を超え、更には2016年には日本国内のメガバンク3社(三菱東京UFJ銀行・みずほ銀行・三井住友銀行)がフィンテック事業に乗り出し、日本政府はBitconを貨幣に認定し、日銀も動き出しました。

現在、暗号通貨(仮想通貨)はBitcoinを始め、その種類は700種類以上あると言われていて、全ての暗号通貨(仮想通貨)に価値があるわけではありません。しかしBitcoinに関して言えば、たった4年間保有していただけで最大120万倍に価値が上昇したのです。

もし1万円をBitcoinに換金していれば、120億円になったという事です。

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ