「仮想通貨」の記事一覧

第1期プレセール開始

 

日本とフィリピンそして世界を結ぶ、夢の暗号通貨(仮想通貨)のプレセールが開始されました。

暗号通貨の代表と言えばBitcoinですが、以前にもまして非常に注目されています。

日本にいると暗号通貨(仮想通貨)の利便性や必要性を感じませんが、周りの諸外国ではチョット事情が違います。

詳しくは以前の記事を参照して下さい。

 

暗号通貨(仮想通貨)を知ってる人は知っていますが、知らない人は『なんか怪しい…』としか思わないでしょう…特に日本人の特徴として、解らない物は怪しい…と感じる事が独特の考え方です。

 

だから解らないからこそ調べよう!という事なのです。

もしこの先の人生に何も求めないなら、特に無理強いはしませんが、何かを求めているなら必要な知識等を得る努力をした方が、あなたにとってメリットがあるかと思います。

 

さて暗号通貨(仮想通貨)については、国・日銀・大手都銀が昨年より動き出しました。

詳しくは『暗号通貨・仮想通貨・フィンテック・ブロックチェーン』等のキーワードでググって見て下さい。

様々な情報がみれますよ。

 

2017年1月現在一押しの暗号通貨プロジェクト

 

 

更に詳しい情報はコチラ

 

Bitcoinの市場規模の3倍の暗号通貨(仮想通貨)がプレセール

2017年1月11日暗号通貨(仮想通貨)の第1期プレセールを開始しました。

詳しくは下記動画をしっかり見て下さい。

Noah project

 

第1期:2017年1月11日~2月19日:1ドル=1ノア

第2期:2017年4月3日~5月28日:1.14ドル=1ノア

第3期:2017年7月24日~10月1日:1.18ドル=1ノア

第4期:2017年12月11日~2018年4月30日:1.22ドル=1ノア

2018年6月12日市場公開

 

となります。

 

また直ぐに換金したい方はコチラで登録して下さい。

 

恐らく第1期は非常に短期間でプレセール期間が終わると思います。

 

価値がつかない暗号通貨(仮想通貨)の特徴

700種類以上ある暗号通貨(仮想通貨)の中からどれを選べばいいのか…

分かりませんよね?

 

前回紹介した6つの暗号通貨(仮想通貨)なら既に価値がついていますので、特に気にする必要はありませんが、暗号通貨(仮想通貨)を持つ最大のメリットは何といっても先行者利益ではないでしょうか?

Bitcoinがプレセール開始からたった4年で120万倍も価値が跳ね上がったと聞けば、

もし1万円をBitcoinに換金していれば億満長者なれた…と思いませんか?

1万円が120億、10万円なら1200億ですから、一生遊んで暮らしても中々減りません。

宇宙旅行にも行けちゃいますよね。

 

今後出てくる暗号通貨(仮想通貨)はまだまだ沢山あると思いますが、95%は詐欺?のようなものですから気を付けて下さいね。

その暗号通貨(仮想通貨)に下記の条件が当てはまらない物は換金しない方がいいと思います。

1.暗号通貨の開発費を使わない

2.広告プロモーションを行わない

3.インフラ整備を行わない

4.プレセール開始時と終了時の価格が2倍以上違う

5.暗号通貨(仮想通貨)の独自性が無く、コインを所有する必要が無い

 

です。

 

 

暗号通貨(仮想通貨)の種類

暗号通貨(仮想通貨)の種類は700種以上ともそれ以上ともいわれています。

全ての暗号通貨(仮想通貨)に価値があるわけではありませんので、その辺りは気を付けてほしいと思います。

その特徴は後日お話しますね。

 

現在市場に出回っているもので価値がある物と特徴

暗号通貨(仮想通貨)はその物自信に存在理由が必要で、プレセール期間から市場に出回るまでに2倍を超えないのが条件です。

1.Bitcoin(ビットコイン:4年で120万倍)

2.ethereum(イーサリアム:10ヶ月で60倍)

契約(スマートコントラクト)や財産を扱う事が出来る

3.MONERO(モネロ:9ヶ月で24倍)

リンク著名という暗号技術によ非常に守秘性が高い

4.factom(ファクトム:5ヶ月で17倍)

存在証明が必要な物に関して第三者の公証人なしで証明が可能なプロトコル

5.augur(オーガー:1年6ヶ月で20倍)

「未来予想市場」の為の分散型プロトコル

6.nem(ネム:6ヶ月で30倍)

Polとう独自のシステムやセキュリティ保護に力を入れている

 

 

暗号通貨のメリット

最近暗号通貨に関する話題をよく目にするようになりました。

特に意識しているからかもしれませんが、暗号通貨に興味が無くても、ニュースや新聞を見ていると、フィンテックやブロックチェーン等の単語を聞いた方も多いと思います。

 

それらは全て暗号通貨(仮想通貨)に関する話題なんですよ。

 

今後もし日本中いや世界中に広がって行けば凄い革命になるのは間違いありませんが、日本人ほど暗号通貨(仮想通貨)に利便性を感じない国民はいません。

 

何故なら銀行網が発達しているからです。

銀行での送金に関しては、国内送金で平日なら次の日には普通~~~に手数料も少なくて着金しますからね…。ですが、これは日本だけなんです。先進国でも日本程発達していませんから…。

 

そこで暗号通貨(仮想通貨)が出てくるんです。

暗号通貨(仮想通貨)を使うとどんなメリットがあるか?というと…

1.全世界24時間いつでも使える

(暗号通貨(仮想通貨)には国境が存在しないので、取引する国が違っても両替することなく送金する事が可能)

2.個人同士で直接取引が出来る為手数料が殆どかからない

(銀行等の仲介する金融機関が存在しないので、基本的には手数料を払う必要が無い)

3.スマートフォンさえあれば誰でも使う事が出来る

(スマホでアカウントを作成するだけで直ぐに使用する事が出来る。銀行口座も不要、審査も不要)

 

という事になります。

 

 

暗号通貨(仮想通貨)時代までのお金の歴史

お金の歴史は紀元前までさかのぼります。

大まかに説明しますと貝殻に始り・金貨・紙幣・クジットカードへと変化してきました。

当初は交換紙幣だったのですが、やがて不交換紙幣へと変わって行きました。

 

 

更に今後は暗号通貨(仮想通貨)へと変わって行きます。

暗号通貨(仮想通貨)は、Bitcoinが2009年に誕生し今日に至りますが、これはもう時代の流れですので、暗号通貨化を止める事はほぼ困難だと思われます。

その証拠にBitcoinで決済できる企業はApple・Microsoft・楽天等1000社を超え、更には2016年には日本国内のメガバンク3社(三菱東京UFJ銀行・みずほ銀行・三井住友銀行)がフィンテック事業に乗り出し、日本政府はBitconを貨幣に認定し、日銀も動き出しました。

現在、暗号通貨(仮想通貨)はBitcoinを始め、その種類は700種類以上あると言われていて、全ての暗号通貨(仮想通貨)に価値があるわけではありません。しかしBitcoinに関して言えば、たった4年間保有していただけで最大120万倍に価値が上昇したのです。

もし1万円をBitcoinに換金していれば、120億円になったという事です。

 

暗号通貨(仮想通貨)を持つ為には…

暗号通貨(仮想通貨)を持つのに一番手っ取り早いのは、持っている日本円をBitcoin等に換金する事です。

現在暗号通貨の中でBitcoinは最強ですから、この通貨を持つといいと思います。

 

換金するには、まずは取引所等に登録する事から始めるのですが、現在サイトは色々あり過ぎて分からないと思います。

なので、安心できるサイトを1つ紹介しますね!

こちらです

↓↓↓↓↓

日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin

 

今後暗号通貨に関して詳しく説明していきます。

暗号通貨(仮想通貨)取引始めました

暗号通貨いわゆる仮想通貨の事ですが、最近は非常に話題になっていますよね。

よくニュース等ではフィンテックとか…ブロックチェーン…とか言葉が出てきますよね?これが暗号通貨(仮想通貨)に関する話題だと思って下さい。

現在、暗号通貨(仮想通貨)は数百種類あると言われています。中でも最もメジャーなのがビットコイン(Bitcoin)ですね。

以前ある事件で非常に有名にもなりましたが、暗号通貨は今後世界の常識を根底から覆すパワーを持っていますので、興味のある方は、是非勉強をしておくといいと思います。

 

サブコンテンツ

このページの先頭へ